汗をかくことは体温コントロールをするための自然な現象ですが、中には大量に汗をかいてしまう方がいます。

主に手足や脇の下が知られていますが、人によっては体全体から汗が噴き出すというような方もいます。このような症状がある場合、多汗症が考えられます。多汗症の原因は交感神経が正常に働かなくなることですが、甲状腺機能亢進症や褐色細胞腫、先端肥大症などの病気が原因となることもあります。これらの病気の場合は、汗が出る汗腺が大きくなることで多汗症の症状が出るとされています。

また交感神経が正常に働かなくなる原因は、生活習慣の乱れや過度のストレスなど人によって様々です。しかし、どのような原因であっても、人と比べて大量に汗をかくというような自覚症状があるのであれば、早めに多汗症治療を受けるべきといえます。なぜなら、多汗症は放っておいてもよくなることがあまりないからです。病気が原因であったとしても、精神的なものが原因であったとしても、多汗症治療を受けずに放置しておくと、大量に流れる汗を気にして日常生活に支障をきたすこととなります。

それがまた精神面へ悪影響を与えることとなり、より一層症状が悪化してしまうこともあるのです。このような悪循環を引き起こしてしまわないためにも、多汗症を疑った時には早めに多汗症治療を専門としている医師の診察を受けることが重要なのです。多汗症治療は様々な方法が用意されていますので、症状に合わせた適切な治療を受けることができれば解決することができるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *