多汗症治療と言っても症状や部位、原因などによって治療法が異なります。

運動したわけではないのに大量の汗をかくのが多汗症の症状です。他にも原因があり多汗症の原因はひとつとは言えないのです。多汗症治療はその症状を見極める必要があります。汗を大量にかくからといっても多汗症でない場合もあるため、医師に判断してもらうことが良い選択です。原因には緊張やストレス、不安など精神的要因、循環器などの疾患がある、ホルモンバランスが乱れている、遺伝、生活習慣の乱れなどが考えられます。

多汗症には全身性多汗症と手のひらや脇の下など局所性多汗症があります。ボトックス注射での多汗症治療は、効果の持続が約半年程度と短いですが、手軽に施術をうることができるため比較的知られている治療法です。またボトックス注射は保険適用なのでより安価に治療することができます。多汗症の治療でボトックス注射をする場合、全ての人に保険が適用されるわけではありません。保険適用になる場合は、医師が特別な原因がないのに日常生活に支障がでるほど多くの脇の汗がでる病気と診断した場合です。

この場合は原発性えきか多汗症という正式名称があり、脇の下に必要以上の発汗を生じます。脇から腕に汗が垂れたり、両脇にシミができるほど汗をかく状態です。もし他の病気や服用中の薬などが原因で脇の汗が増えた場合は、もとの病気を先に治す必要があるため、多汗症でのボトックス注射は保険適応外になります。脇の汗が気になって人前にでることができない、脇の汗が気になって仕事や勉強に集中できないなどの症状がある場合は、医師に相談することが良い選択といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *