人より汗をかきやすいと自覚している人はかなり多いでしょう。

汗っかきだから仕方ないと諦めていませんか。その症状はもしかしたら多汗症かもしれません。多汗症とは、ワキの下、足の裏、頭皮、手などに日常生活に支障をきたす状態のものを言います。原因としては、ストレスや緊張、ホルモンバランスの乱れ、さらには他の病気の症状の場合もあります。

交感神経が刺激されることによって、汗の分泌が活性化されてしまうことがそもそもの原因と言われていますが、実際のところ何が発症の引き金になっているか解明されていません。多汗症治療としては、汗腺であるアポクリン線の切除をすることで治すことができますが、手術にはメリットだけではなくデメリットも存在しています。

汗腺を切除してしまうことで、乾燥が酷くなってしまい保湿クリームが欠かせなくなってしまうなどの不具合も発生してしまう恐れもありますし、手術後に突っ張る感じが取れないと悩む人もいるようです。手術以外の多汗症治療の方法としては、ボトックス注射があります。半年ほど効果が持続するので、手術に踏み切れない人にはオススメの方法です。また、体の中からの多汗症治療としては、生活習慣を見直し、ホルモンバランスを整えること、また体質改善も効果的です。体質改善をする際には時間はかかりますが漢方薬を使用することで、体の中から改善していくことができます。多汗症かもしれないと疑っている人は一度クリニックを受診してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *