多汗症で悩んでいる人は人口の約3%から4%ほどいると言われています。

この症状は、ただ単に汗の量が多いというだけではなく、手のひらや足の裏、背中など、汗をかきにくい部位からも汗が出るのが特徴です。さらに嫌なニオイに繋がる場合もあるので注意が必要です。難波で効果的に多汗症を治療したいと思ったら、自分の症状にあった治療方法を選ぶことが大切です。さらに自分の生活サイクルにあったクリニックを選ぶことで、スムーズに治療を進めることが期待できます。難波には多くのクリニックがあり、手軽なケアから徹底的な手術まで受けられるのが特徴です。

難波で受けることができる多汗症ケアは、主に3つのタイプに分けることができます。その中でも、最も手軽にチャレンジできるのがボトックス注射方法です。このボトックス注射は肌のたるみやシワの治療にも利用されていて、汗をかきやすいワキに注射することで効果が得られます。さらに治療にかかる時間は約5分ほどと短くするのも、大きなポイントです。

ボトックス注射方法は多汗症を手軽にケアできますが、効果の持続が半年から1年ほどと短いのがデメリットです。これを解消したい場合は、Wトリミング法の利用がおすすめです。Wトリミング法はワキを3ミリほど切開し、そこにストロー状の器具を挿入して汗腺を吸引する手術です。汗の原因となる汗腺を取り除くことができるうえに、傷口も小さくすむのが魅力です。Wトリミング法よりも、さらに徹底的に治療したい人は、直視コンプリート法を検討してみましょう。ワキを3センチほど切り、目視によって汗腺を取り除くので、高い効果が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *