多汗症は、ただ単に汗をかく量が多いだけではなく、秋や冬など1年を通して汗の分泌が盛んという悩みがあります。

これに加えて、足の裏や手のひらなど、普通の人では汗が描きにくい部位も、しっとりとするのが特徴です。このような多汗症を難波でケアしようと思ったら、クリニックや皮膚科を利用するのがお勧めです。難波には多くのクリニックがあるので、適切な場所を選ぶことで自分にあった多汗症対策ができるというメリットもあります。難波で受けることができる多汗症対策には、いくつかの種類があります。そのため、どのケアを選ぶかによって料金も大きく変わって気をつけましょう。

難波の多汗症対策の中で最も気軽に利用できるのが、内服薬や外用薬を使ったケアです。薬の料金はクリニックなどによっても変わりますが、約1000円から3000円ほどになるのが一般的です。薬と同じように、手軽に多汗症ケアできるのがボトックス注射です。このボトックス注射は汗の分泌が盛んなワキにおこない、交感神経をマヒさせて汗をかきにくくする治療です。

1回数万円ほどで受けることができ、効果が約半年から1年ほど続くのがメリットになります。本格的な多汗症対策をしたい場合は、交感神経を遮断する手術が必要になってきます。Wトリミング法は、ワキの下を約3ミリほど切開し、管状の器具を挿入し、汗腺を吸引して取り除きます。これにより汗の分泌量を少なくすることが期待できます。料金は保険が適用されるので、約3万円から10万円ほどになるのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *