難波の多汗症治療と一言でいっても、さまざまな方法があります。

そのため、どの方法で治療をするかによって効果も変わってきますし、施術料金にも差が出てきます。難波で満足のいく多汗症治療を進めていくには、治療方法の種類をチェックして、自分の症状にあったものを選ぶようにしましょう。そうすることで、不快な症状を効果的に治療できますし、施術料金もお得にすることが期待できます。難波のクリニックや皮膚科で処方される薬を使ったケアは、最もチャレンジしやすい多汗症治療です。

薬には飲んで使用するものと、汗が目立つ部分に塗るものがあるので、医師と相談して使うようにしましょう。薬にかかる費用は約3000円から5000円ほどで、保険が適応されます。1回の治療料金が数万円ほどになるボトックス注射は、汗の分泌が盛んな部分におこなうことで、交感神経の働きを鈍くできます。その結果、汗をかきにくくすることができますが、効果は約半年ほどになるので注意しましょう。

効果をキープさせるためには、継続的に注射する必要があるので、ボトックス注射は汗を多くかく夏場だけケアしたい人に最適な方法と言えます。一年中汗の分泌が多いため、本格的な多汗症治療をしたいという人は、汗腺を取り除く手術が効果的です。汗腺を取り除く手術にはWトリミング法や直視下コンプリート法があります。Wトリミング法や直視下コンプリート法は保険が適用されるので、数万円ほどの料金になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *