多汗症というと夏ならではの症状と感じる人が多いですが、秋や冬など涼しい時期でも汗の分泌が盛んになります。

さらに手のひらや足の裏など、普段汗が目立たない部分での分泌も多くなります。このような不快な多汗症のケアも、難波ならリーズナブルな料金でおこなうことが可能です。難波で多汗症のケアをしたいと思ったら、施術方法の特徴を知ることが大切になってきます。難波では主に3つの治療方法があるので、自分の症状にあわせて選ぶようにしてみましょう。

最も手軽に利用することができる多汗症対策は、薬によるケアです。内服薬を使用したり、汗の分泌が多い部位に塗ることで、気になる汗をケアできます。このような薬によるケアにかかる料金は、約3000円から5000円ほどが目処になります。汗をかきにくい体質に治療したいと思ったら、ボトックス注射からまず検討してみましょう。ボトックス注射は汗の分泌が盛んな部位に使用し、交感神経をマヒさせます。

この治療は1回で約半年から1年ほど効果が持続するので、夏場の匂い対策にも繋げることができます。ボトックス注射にかかる料金は、1回約5万円から10万円ほどになるのが一般的です。難波で本格的に汗対策したいと思ったら、Wトリミング法や直視下コンプリート法などの手術を受ける必要があります。これらの手術は肌を切開し、汗腺そのものを取り除くので、1回で高い効果が期待できます。施術料金は保険が適用されるので、3万円から10万円ほどとリーズナブルに抑えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *