顔やワキ、手など汗をかきやすく悩んでいるという男性も少なくありません。

緊張したときなどに大量の汗をかく症状は、多汗症と言われています。多汗症はクリニックでの治療で軽減できるので、悩んでいる人は相談してみてはいかがでしょう。難波にあるクリニックの多汗症治療は、ボトックス注射が主流となっています。ボトックス注射にはアセチルコリンという、神経伝達物質の働きを弱める作用があります。汗をかくときは脳から汗腺に「汗を出せ」という指令が伝わり分泌されるのですが、脳からの指令を汗腺に伝えるのがアセチルコリンの役目です。

ボトックス注射を行うことによって、脳からの指令が汗腺に伝わりにくくなり結果、多汗症を軽減できるというメカニズムとなっています。難波のクリニックで受けられる多汗症治療のボトックス注射は、薬剤を注入するだけで効果を得られるという手軽さが魅力です。手の平はもちろん額や顔、ワキなど身体の様々な部位に施術が可能です。

薬剤を注入した部位は汗の分泌が大幅に軽減されるので、より快適な日常生活となります。薬剤を注射器で注入するだけの簡単な施術なので、治療時間はわずか5分から15分程度です。1回の施術で約半年から1年程度、効果が持続します。顔や額に注射をするとなると痛みが心配になるかもしれませんが、施術前には麻酔クリームを塗るクリニックが多いので、注入時に痛みを感じることは無いでしょう。手軽な多汗症治療を希望する人は、難波のクリニックで受けられるボトックス注射がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *